乳がん自己診断チェック 乳がん・子宮がんでお悩みの女性
HOME > 乳がん検診

乳がん検診

乳がんについて

乳がんについてのイメージ

日本でも世界の他の地域と同様に、乳癌の発生率は増加傾向を示しています。現在、年間に約4万人の患者が新規に乳癌と診断をうけ、治療を開始しています。いまや日本人女性の乳癌の生涯発生率は、約20人に1人。家族歴に乳癌の方が居ると約10人に1人増加すると報告されています。

日本人女性の年次別乳癌発生率は、厚生省統計のグラフに示すとおり、増加傾向を示しており、これに伴い、乳癌による死亡率も増加しています。
海外データとの比較からは、ライフスタイルの欧米化などの環境要因が乳癌発生率の増加に関与している事が明らかにっています。不幸にも発症してしまった場合、治療の予後改善の基本は「早期発見、早期治療」であり「いかに早く発見し、いかに早く治療を行う必要があります。

当院での乳がん検診

当院での乳がん検診。のイメージ

一般に乳癌の検診は
視・触診、マンモグラフィーで行われています
その上で精密検査時に乳房超音波(エコー)検査が必要となります。

当クリニックでは、経験豊富な医師が視・触診にくわえて超音波検査を行います。超音波検査は、乳腺症や乳腺が多い若い女性に対しても優れています。

また、乳房をはさんで行うマンモグラフィー検査と異なり、痛みなく検査を行うことができます。

お気軽に御相談ください。

※ 乳腺の超音波(エコー)は院長が行います。

くにひろクリニック
所在地
〒221-0002
神奈川県横浜市神奈川区大口通56-5
大口メディカルセンター2F
最寄駅
大口駅 徒歩1分
FAX
045-432-8877
営業時間
午前:月火水金土 9:00~12:30
午後:月火水金 15:00~18:30
定休日
日曜、祝日

詳しくはこちら